紙箱の重要性について

紙箱といっても折り紙からダンボールまでさまざまな紙で箱は作られますし、作ることができます。

私はちょっとしたものやお菓子などを入れたいときは、チラシなどで紙箱を作って活用しています。
紙の良い所は折りたためむと薄くなり、収納や運搬が楽だということです。
それにコストも安いですし、使い捨てもしやすいです。
そして紙はリサイクルができるエコ素材です。

数年前に地元で大きな自然災害がありました。
その時に活躍したのがダンボール製品でした。
簡易的な紙箱から、パーテーション、ロッカー的な個室、簡易トイレまで、幅広く段ボールが活躍しました。
自然災害だけではなく世界各地で紙箱などの紙製品は重要性が高くなっていくと思います。

紙で作られた家がテレビで紹介されていた番組を見たことがあります。
紙箱というと私の中では収納のイメージですが、もっといろいろな使い方があるのだと思います。
今後も紙の可能性や重要性はこれからどんどんと広がっていくことでしょう。

簡単!紙ゴミ箱

私のおススメは新聞広告で作った紙ゴミ箱です。
毎日のように広告に入っているパチンコ屋さんの裏が白い広告を2枚、表が白になるように重ねて箱を折ります。
子どもが小さいので食事のたびにテーブルや床に落としたものをその都度捨てに行くのは面倒だし、テーブルに置きっぱなしもなんだか雑然とした感じですが、紙ゴミ箱があればさっと入れて、食事が終わったらそのまま紙箱もポイっとすてれます。
もともと処分する広告を使ったものなのでお金は0円!
気兼ねなく捨てれます。
2枚重ねて作るので強度もあり、作り置きしたものに子どもがお絵かきしたりシールを張って楽しくデコレーションしています。
子どものお友達がきてお菓子を食べるとき、お菓子の小袋や食べカスやティッシュペーパーなどが散乱することなくひとまとめにできて、いっぱいになったらゴミごとクッシャっとしてポイできます。
テーブルだけでなく部屋に置いておくと、掃除のときにみつけるちょっとしたゴミもポイポイ入れて後でまとめて捨てるだけでとっても便利ですよ。

紙のパッケージの利点と紙(ミネラルウォーターの)箱でリサイクル書類入れ作り

紙箱なら加藤紙器製作所│貼箱│貼り箱│貼箱製造│パッケージ│箔押し│紙製品│アッセンブリ│ファイル│ダンボール|紙文具
バレンタインデーやホワイトデー、勤務地での来客の手土産、旅行のお土産で自分で購入、お店でかわいい箱に入ったクッキーなどの焼き菓子を見つけると、目にとまり、ちょっと嬉しくなったりもします。自分で買ったときや人から頂くと、そのパッケージを見るだけで、元気が出てきたりします。
パッケージにも色々ありますが、その中でも紙箱は特に「軽さ」に優れていると思います。また、箱同士が当たっても缶タイプに比べ、音が静かであったり、ふたの種類が多かったりします。例えば、ダンボール箱なら四隅の高さ部分が均等な長さにカットしてあるので、左右上下に折りたたんで、ふたを容易に閉じることができますし、お菓子の箱はふたと中身を入れる箱を互いに重ねるとふたを閉めることができます。ふたと中身を入れる箱が繋がっているものもあります。
その箱達を何かの役に立つかも・・・と思い、とっている人、多いかと思います。ちょっと使える方法教えます。
まず、サントリー天然水などのミネラルウォーターが6本入っているダンボール1箱を用意します。上にふたが開いている状態で置いて横幅の長い側を見てください。
右側の高さはそのままに、左側の高さは半分になるところをペンと定規で線を引きます。
今度は横幅が短く、半分の高さになる印を付けたところが掛かっている面に底面と平行になるように線を引いていきます。半分の高さの線を途中まで引いてあるので、高さのところから直角になるように定規を当てて線を引くと引きやすいです。
そして、高さが半分になっている印が付いているところを右に置き、左側の高さがそのままになっているところに向かって定規を当てて線を引いていきます。
高さがそのままのところが2箇所できている状態です。そこも繋がるように線を引きましょう。
次に線を引いたところを、カッターやハサミで切っていきます。
手を切らないように気をつけて切れば、完成です。
文房具屋さんや、イケアなどで見かけるA4サイズの書類入れです。
毎日届く新聞や雑誌入れ、他にも色々と使えますよ。
ダンボールそのままでは恥ずかしいわという人は、100円ショップなどで売っている綺麗な包装紙や模造紙、お気に入りの布をボンドで貼るのもオススメです♪